お金を借りる方法

学生の方がお金を借りる(借金)場合、どこで借りるのがいいのか?

・親、親戚
・友人
・彼女、彼氏
・先輩
・バイト先の人
・銀行などの金融機関

借りれるのであれば、親から借りるのが一番いい方法だと思います。やはり、お金に困ったときに頼れるのは家族だと思います。後々「返した・返してない」といったトラブルになる事も少ないと思いますし、何より借りやすいでしょう。
大学の友人や彼女・彼氏、先輩などから借りる、といった事も一つの方法かもしれませんが、あまりお勧めできません。なぜなら、お金の貸し借りはトラブルの元になるからです。
借りたときは良かったとしても、月日が経つと微妙な関係性になってしまう事があります。お金を借りているといった事が原因で、妙な上下関係が出来てしまう場合もあります。
あの時借りなければ…と、後悔しても手遅れです。なので、親以外の友人、知人からは借りない方がいいでしょう。

 

親から借りれない時は?

何らかの理由で親から借りれない時、(親にも言えない・親に心配かけさせたくない)など、親から借りれない場合もあると思います。このような時は、銀行や消費者金融機関から発行されているカードローンを利用するのがベストです。

 

ただし、カードローン利用をするには、『20歳以上でバイトなどをしていて収入がある事』が条件となっています。大学生や専門学生の方でも利用する事はできるんですが、こちらの条件を満たしていないと利用できないので注意してください。

 

学生でも利用できる大手カードローン

プロミス

アコム

SMBCモビット

≫プロミス公式サイトへ

≫アコム公式サイトへ

≫SMBCモビット公式サイトへ

学生にお勧めなのは、上記3つのカードローンとなっています。CMなんかでも見たことあると思います。大手金融機関なので、学生の方も安心して利用する事が出来ますよ。

 

最短だと、即日融資となっており、申込したその日のうちに借りる事が可能となっています。もちろん、親への連絡などもありません。

 

24時間いつでも申込(パソコンやスマホから)する事が出来て、わざわざ店舗に足を運ぶ必要もありません。
学生の場合、収入が少ないと思うので高額借りる事は難しいと思うんですが、逆に返済のことを考えたら安心して借りれますね。

 

また、プロミス・アコムは、初めて利用する場合は30日間利息0円となっているのでお得ですよ。30日以内で返済できれば利息は不要ですからね(^^)/

 

カードローン利用を勧める理由

カードローンは恐いイメージがある、取り立ても厳しそう、家族など周りにバレそう…なんて疑問があると思います。
ただ、実際のところはこのようなマイナス点はありません。

 

テレビドラマや映画の影響で、恐い…ってイメージがあるかもしれないですが、大手の金融機関を利用しておけばそのような事は無いです。取り立てに恐い人が来るなんて事もないですし、家族・学校に連絡が入る事もありません。

 

また、金利設定も法律でしっかりと決められているので、法外な金利を請求されるようなこともありません。

 

金利が発生するから、勿体ない…と思ってしまうかもしれないですが、実際のところは「えっ?これだけ?」って思う場合が結構あります。下記にも利息分支払い例を載せているので確認してもらえたら分かりますが、利用の仕方によってはかなり安くつきます。

 

僅かな利息を支払う事で、後腐れなくお金を借りる事が出来るので、カードローンを利用したほうがスムーズな事の方が多いです。どうしても最初の印象で敬遠しがちなんですが、しっかりと調べてみると便利だというのが分かりますよ('ω')ノ

 

お金を借りる(借金)のはどこがいいのか?悩んでいる学生の方は、カードローンも参考の一つに入れてみるといいですよ。

 

学生専門のローン業者

学生でもお金を借りる事が出来る金融機関は他にもあります。中でも下記のローン業者は、『学生専門』のローン業者となっています。

 

大学生や専門学生の方など学生専門のローン業者で借りる方が良いんじゃない?って思いますよね。

 

もちろんこちらの学生向けのローン業者でお金を借りても良いとは思うんですが、私的にはやはり大手の金融機関を利用する方が間違いないかと思います。

 

学生専門だからと言って特別条件が良いといった訳ではないですし、金利が凄い低いといった訳でもありません。店舗も東京の高田馬場など一部にしかないですし。

 

お金の事なので、大手の金融機関の方が安全に利用できるかなって感じがしますよね。

 

会社名 金利 公式サイト
カレッヂ 15.0%〜17.0% ≫公式サイトへ
イーキャンパス 14.5%〜16.5% ≫公式サイトへ
フレンド田 15.0%〜17.0% ≫公式サイトへ
アミーゴ 14.4%〜16.8% ≫公式サイトへ
ヤングローンキャンパス 14.4%〜16.8% ≫公式サイトへ
トーエイ 15.0%〜17.0% ≫公式サイトへ
マルイ 7.3%〜18.0% ≫公式サイトへ
ローンズ学灯社 16.5%〜18.0% ≫公式サイトへ
友林堂 12.0%〜16.8% ≫公式サイトへ
キャッシングホワイト 14.5%〜19.5% ≫公式サイトへ

 

カードローンの利息はいくら?

気になる利息について、各金融機関のカードローン別に「○○円借りたときは△△円の利息が必要」といったように計算してみました。
お金を借りるときの参考にしてみて下さいね!

☆3万円借りたときの利息(※30日で完済した場合)
  カードローン 金利 利息
プロミス 17.8% 439円
アコム 18.0% 443円
SMBCモビット 18.0% 443円

 

☆5万円借りたときの利息(※30日で完済した場合)
  カードローン 金利 利息
プロミス 17.8% 731円
アコム 18.0% 740円
SMBCモビット 18.0% 740円

 

☆10万円借りたときの利息(※30日で完済した場合)
  カードローン 金利 利息
プロミス 17.8% 1463円
アコム 18.0% 1479円
SMBCモビット 18.0% 1479円

 

毎月の最小返済額は?

まとめて返すのが難しい場合は、分割にして返済していく事も可能です。この場合、カードローンによって月々の返済額が変わってきます。

 

そこで、3万円・5万円・10万円借りた場合の月々の最小返済額について調べてみました。

  カードローン 3万円 5万円 10万円
プロミス 2,000円 2,000円 4,000円
アコム 2,000円 3,000円 5,000円
SMBCモビット 4,000円 4,000円 4,000円

 

いくらまで借りる事が出来るのか?

学生の場合、いくらまでお金を借りる事が出来るのか?って事になるんですが、こちらは同じ学生でも個人の収入によって借入額が変わってきます。

 

というのも、カードローンの最大借入額は『年収の3分の1』までとなっているところが多いです。なので、アルバイトなどの収入によって最大の借入額が変わってくるんです。

 

(例)
・居酒屋アルバイトで10万円/月の給料だった場合
10万円×12か月=120万円(年収) 120万÷3=40万円・・・最大でも40万円の借入額

 

・コンビニアルバイトで7万円/月の給料だった場合
7万円×12か月=84万円(年収) 84万÷3=28万円・・・最大でも28万円の借入額

 

こんな感じで、年収によっていくらまで借りれるかが変わってきます。ただ、必ずしも年収の3分の1の額まで借りれるといった訳ではありません。

 

審査を受けてみて初めて借入額が決まります。自身で年収から計算するのは良いと思うんですが、あまり過度な期待はしない方がいいかなと思います。

 

 

借金の返済ができないとどうなる?

万が一、カードローンの返済が出来なかった場合どうなってしまうのか?調べてみたところ、返済日を過ぎる事で返済日の翌日から『遅延損害金』といった延滞金を支払わなければならないみたいです。

 

延滞金は通常の金利よりも高くなっているので、返済が遅れれば遅れるほど高い利息を支払わなければなりません。

 

ただでさえ利息を支払っているのに、更に延滞分の利息を支払わなければならないのは厳しいですよね。しかも返済が遅れているという事は、返済する余裕がないといった訳だと思うので、火に油を注いでいる状況です。

 

返済を滞れば、どんどん利息も増えていきいつまでもお金が返せない…なんて事になるかもしれないです。なのでお金を借りた場合は必ず返済日を守るようにするのが重要です。

 

また、返済が遅れる事で自宅に督促状が届くこともあります。いきなり督促状が届くような事は無いと思いますが、長い期間返済をしていなければ必ず自宅に届くはずです。

 

こうなると、親に借金の存在を知られてしまう可能性もありますね。学生の場合、親に内緒でお金を借りている方も多いと思うので、こうなるとマズい…って方も多いんじゃないでしょうか。

 

親にバレたら困るって場合は、とにかく延滞せずに返済しないといけません。というか、返済していくのに自信がない場合は、そもそもお金を借りない方が良いと思います。

 

返済する予定が立てられない状況でお金を借りてはダメです。借りる前にどうやって返していくか、返済の事を先に考えてから借りるようにするのがベストです!